MENU
Live Japan

総合広告代理店
株式会社ライブジャパン

Live Japan

総合広告代理店
株式会社ライブジャパン

スタッフブログ

Blog

カラー専門店の躍進が見えた2019。

%e5%90%8d%e7%a7%b0%e6%9c%aa%e8%a8%ad%e5%ae%9a-1%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc

11月に入り、早いもので今年も残すところ2ヶ月となりました。

2019年が美容(ヘア)業界はどんな1年だったのか。

様々ありますが、間違いなくそのうちの1つに入るのがカラー専門店の躍進が顕著に見えた年だったように思います。

今やどこの駅にもあるくらいの10分で仕上がるカット専門サロン。

専門という分野の中で2019年は、

“カラー専門店数の増加”があると思います。

2018年は“イルミナカラー”を中心に第一次カラー剤戦争、

2019年はケアカラー剤などで需要が更に細分化することで

第二次カラー剤戦争という言葉も生まれました。

そんな中でカラー専門店が数多く出店し“白髪染め”という専門分野で大きな影響力を持つようになってきた2019年。

ドラックストアなどで購入できる市販のヘアカラー剤と同程度の低価格で、

カラーリスト(美容師)による施術を行っている為、

“低価格志向で一定以上の仕上がりを求める顧客層”の白髪染め需要を獲得している。

通常の美容室の様に“駅近”である店舗が多い事や商業施設やスーパーなどに隣接す

ることで生活に溶け込んだ店舗展開が多いことも躍進に繋がっていると思います。

今や全国的な動きとして注目されている中、大手や中堅の美容サロン運営企業だけ

でなく外食大手が出資する“異業種企業”による参入もあり、

全国規模や地域密着でのフランチャイズチェーン展開により拍車がかかっているように思います。

美容室飽和状態にある今、他サロンとの差別化がどんどん難しくなっていく中で

【付加価値型サロン】と【施術メニューやサービスを特化した低価格サロンチェーン】の2極分化が更に進んでいくのではないでしょうか。

また、ここ数年で他の美容サービスとの協業を図り、相互の集客を促すなどの動きも進んでいます。

他にも生産性向上を図り、個々の顧客との関係を構築する

“ワントゥーワンマーケティング”による

店販強化や付加価値の高いサービス提供による単価UPや施術メニューの組み合わせによるサービス提供などで客単価上昇につながる施策も2020年以降も更に各サロン様で取り組む課題になってきそうです。

=====================================

【集客・求人】

ご不明な点がございましたらお気軽にライブジャパンまでお問合せ下さい!!

株式会社ライブジャパン

TEL:03-6268-9930

(平日:10時〜18時)

※サロン様のジャンル(ヘア・ネイル・まつエク・エステ・リラク・脱毛)をお伝えいただくとスムーズです!!

=====================================